パン工房シュシュのホームページへようこそ

トップページノアレザン.jpgホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

当店は、2010年2月に小江戸と呼ばれる佐原の街(千葉県香取市)にオープンいたしました。まだまだ歴史は浅いですが、ご来店されるお客様に美味しいパンを召し上がっていただくため、スタッフ一丸となって日々パン作りに励んでおります。心を込めて焼きあげたパンを是非ご賞味ください。

店名の「シュシュ(chouchou)」とは、フランス語で「私のお気に入り」という意味です。みなさまのお気に入りの一つに加えていただければ、という想いから名付けました。

「パン工房シュシュ」という空間で、ほっとできる憩いの時間をお過ごしいただければ幸いです。 

 

シュシュのこだわり

私たちは、3つの「こだわり」を持って仕事に取り組んでいます。 

 

こだわり その1  「焼きたて」へのこだわり

オーブンから出たての、熱々の焼たてパンはふっくらつやつやしていて見るからに美味しそう。実際にパンを作っている私たちがそう思うから、お客様にもその感動を味わっていただきたい。そのために、少量ずつ何回にも分けてパンを焼いています。効率は悪いし、天気や気温、湿度といった条件や、来店されるお客様によってもパンの売れ方は違います。足りなくなってしまったり、たくさん焼きすぎてしまったりと、なかなか思うようにはいきませんが、「焼きたて」へのこだわりをあきらめることなんてできません。だって美味しいですから・・・

 

こだわり その2  「手作り」へのこだわり

シュシュが「手作り」にこだわる理由は2つあります。まず1つは「安心・安全」な食べ物を提供したいということ。パン生地も、具材も、自信を持ってお客様にお勧めするために、私たちが責任を持って手作りしています。2つめの理由は、お客様に「美味しい」と言ってもらえるものを作りたいということ。出来合いの具材では、味や食感の微調整がなかなかできません。「これがシュシュの味」というものを表現するために、手間暇かけて「手作り」にこだわっています。

 

こだわり その3  「時間」へのこだわり 

パンを美味しくするためには、発酵と熟成のための時間をしっかり取ることが大切です。酵母の量を最小限に抑えてできるだけゆっくりとパン生地を寝かせることにより、発酵によって生じる旨味成分を最大限に引き出し、かつ小麦粉を十分に水和させて、添加物に頼らずしっとりとした食感のパンを生み出しています。

 

 → 詳しくはこちら

▲このページのトップに戻る